×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Diary 管理人の独り言

だいたい毎日更新

トリビアの泉

2006/10/30
なんだか知らない間に放送終了してしまってました。
「ティッシュペーパー何枚で拳銃の弾を防げるか」とか、 「日本刀と銃弾、強いのはどっち」みたいな実験は面白かったなぁ。
M2重機関銃の銃撃に6発も耐えた日本刀は凄かったです。ってかM2は反則!

ありがとう〜ありがとう〜♪

2006/10/29
(*´∀`*)

今日は何の日?

2006/10/27
うわぁー、また一つ齢を重ねてしまいました。
今までワリとのほほんとしていて意識していなかったのですが、 20代も後半戦にさしかかりそろそろ30の気配を感じる年齢です。あわわ・・・。
今の私の状態をロールプレイングゲームに例えるならば、もうすぐ中ボス戦なのに重要 アイテムを取りこぼし全くレベルアップ出来ていないぞ、さぁどうするんだ、 どうする俺ーっ! ってな状況です。
うーん、そろそろ気合入れて行かねば。。

ちなみに今日10月27日が誕生日の有名人を調べてみると、 キャプテン・クック(探検家)、バガニーニ(作曲家)、セオドア・ルーズベルト(米大統領)、 堀内孝雄(ベーヤン)、高島政伸(弟のほう)、貴ノ浪(元大関)、小西真奈美(女優)などがおられました。
みんなー、誕生日おめでとー(故人もいるけど)!
そして自分おめでとー!自分最高ー!うおーっ!(空元気)!

なんか肌寒くなってきた

2006/10/26
相変わらず家では半袖とパンツ一丁がデフォルトなんですが、 そろそろキツくなってきました。
まぁ人間の場合服を着込めばよいのですが、アボカドやマンゴー達はどうしようか・・・。 室内の日当たりのいい場所で育てますか。
無事に冬を越せればいいのですが・・・!

Always There!!

2006/10/25

ケニー・ギャレット、ボニー・ジェイムス、カーク・ウェイラムという トリプルサックスがフロントの豪華セッション。
Casino Lights'99に 収録されてるテイクの映像版です。この模様が何年か前のNHK BSで放送 された時は無編集で、ケニーのソロも若干長かったり、リック・ブラウン(tp)とジョージ・デューク(key)の ソロもあったのですが、製品化にあたってそれらはカットされてしまったようです。残念。
しかしこうして映像付きだと音だけよりも何倍も迫力あるなぁ。
まぁ生で観るのが一番なんですけど!
何にせよ観ていて色々やる気が出てくるような演奏です。

あー、ようやく

2006/10/24
肩の痛みがとれてきた。
やっぱり肩凝りに原因があるような。

感涙

2006/10/23
島田洋七著佐賀のがばいばあちゃんを読んで、 不覚にも何度か泣いてしまいました。 私は文字を読む速度がかなり遅いのですが、この本はそんな私でも1時間程で読了できるほど 読みやすかったです。
しかし最近涙もろくなったんかなぁ。。

今まで何かに感動して泣いた事は、このがばいばあちゃんも含めて数えるくらいしかありません。以下それを 列記してみます。
  • るろうに剣心OVA星霜編のラストシーン
    • 大陸から薫の元へ満身創痍で帰って来た剣心はそこで息絶えるのですが、剣心が背負ってきた業の象徴でもある 頬の十字傷は消え、その死に顔はとても安らかだった・・・ るろうに剣心自体はそんなに思い入れのある作品じゃなかったのですが、この場面には号泣しました。
  • エウレカセブン Episode48 バレエ・メカニック
    • ドミニクのアネモネへの告白シーン。
      不器用な青年の 不器用な、しかし精一杯の告白。今までデューイの道具扱いされてきたアネモネが救われてヨカタ(TдT)
  • パット・メセニー・グループ The Way Up(at大阪厚生年金会館)
    • 音楽を聴いて泣いたのは記憶している限りこの一度だけです。
      The Way Upは Opening、part1、part2、part3から成る組曲なのですが、part3のクライマックスでヴォイスが 入ってくる箇所で涙しました。雲間から急に光が差し込んで来るような解放感!なんというカタルシス!part1〜part3は part3のこの場面を演出したいがための前振りだったのではと思える程です。
      この箇所はCDで聴いたときも すごいと感じてましたが、生演奏で聴くそれは数倍凄かったです。この時はステージ上の メンバーひとりひとりに後光が差して見えました。あー生きててよかった(笑)。
半分がアニメというのもかなりアレな感じですが(苦笑)、私の感覚が世間と乖離していない限り ここに挙げたものは誰が見ても感動できると思います(ほんまかいな)。

Humpty Dumpty

2006/10/20
チック・コリア(pf)、ジョン・パティトゥッティ(ba)、ヴィニー・カリウタ(drs)のトリオによる演奏。 チック・コリアは、個人的にピアニストとしてはピンとこない部分もあったりするのですが、 彼の書く曲は大好きでこのハンプティ・ダンプティもお気に入りの一つです。
スピード感があってカッコイイ!!
テーマのユニゾンがバキッ!と揃っているところなんかもたまりません。
ヴィリー・カリウタはフュージョン畑なだけあって?叩きまくっているのが面白い。
パティトゥッティのベースも輪郭がはっきりしていていい感じ♪
そのうち自分でも演奏してみたいなぁ。

出たーッ!!

2006/10/19
虫の音が響きすっかり秋の気配も強まった今日この頃。
今年はもはやそいつと合い間見えることはないだろうと、その存在すら 私の意識から消え去ろうとしていた正にその時、奴は現れました。

そう、

ゴ○ブリが。

よりによって私の寝床のすぐ近くに現れるとは──!しかも何を食べたらそんなふうになるんだ? と思うくらい丸々太ったヤツが!
割とゴキとか毛虫とかそういうゲテモノの類に耐性がある私も目が合った瞬間そのあまりのビッグサイズに心拍数が上がりました。
さぁそれから有無を言わさず死闘の火蓋は切って落とされましたよ。
幸い相手はまだこちらの存在に気付いていない様子。
悠々と移動してやがります。

先手必勝。

私はティッシュを3枚ほど手にするとゆっくり彼に接近し、捕獲を試みました。
一撃を加えて粉砕してもよいのですが、絨毯が汚れそうなのでまずは捕獲です。
最近はだいぶ気温も下がっているし、奴さんの動きも鈍くなっているだろうから簡単だろう、という判断も働きました。

しかし、甘かった。

あと少しというところで私の接近を察知した奴は猛然と回避運動を試みました!
な、なんというスピードかッ!!
捕獲を試みた私のティッシュを2度、3度とことごとくすり抜けて行きます。
こ、こいつ・・・出来るッ!
ゴキのスピードもさることながら、やはり潰すまいと手心を加えてしまっているので、どうしても 接近速度が鈍くなり逃げられてしまうようです。

OK、わかった。作戦変更、もう手加減はなしだ。
作戦オプションを捕獲モードから滅殺モードに変更。
それにともない兵装もティッシュから製図用アクリル定規に換装です。
この定規、厚み、重量ともに申し分なし。
対ゴキブ○用最終兵器を手にした私は目標の動きを追尾します。
右へ・・・左へ・・・、止まった!?いや、まだだ。こんな広いスペースでは逃げられる・・・!

そんな追跡劇を10分ほど繰り返した後、ついに絶好の攻撃ポジションへと奴を封じ込めることに成功しました。
奴はMDウォークマンを入れる布袋の下に逃げ込んだのですが、触覚がはみ出ておりこちらからは位置がまる分かりの状態。 しかも奴からこちらは見えないはず。
チャンスは今しかない!
息を止め目標の位置に布袋の上から強烈な一撃を加えます!
バシッ!!
手ごたえあり!!
予ねてよりゴキ○リの生命力はよく理解していたつもりです。
多少絨毯や布袋が汚れるでしょうが、しょうがない。
手心は加えずありったけの力で叩きつけました。更に2発。もはや動けまい。
勝利を確信した私は、布袋をめくり活動を停止したであろう目標の姿を確認しようとします。
どうやらこの期に及んでまだ私は奴の能力を過小に見積もっていたようです。
布がめくれあがったとたん、潰れた腹部を引きずりながらいささかも衰えぬ俊敏さで 逃走を図るゴキ!
速い!なんという生命力!
さすがは地球最期の日を人間に代わり見届けるであろう生物。
その後しばらく追跡劇は続きますが、さすがに動きの速さにも陰りが見え始め、 終にお縄となりました。
あー疲れた。
汚れた絨毯の掃除やら後片付けやらをしているうちに もう2時です。
夢に奴が出てこない事を願いつつ寝るとします。南無南無・・・。

- 終 劇 -

あ、あれっ?

2006/10/18
なんか左の首筋から肩甲骨にかけて、筋を違えたような痛みが・・・。
単に筋を違えたのかそれとも肩の凝りすぎで痛みまで発生するに至ったのかはたまた 物の怪の類が憑いているのか・・・っていうかかなり痛いのですが(泣)!

核実験公式に認定 / さらに2回目準備の兆候も

2006/10/17
北の核実験、公式確認 米長官、爆発1キロトン未満

爆発規模は1キロトン未満とやはり小さく、何らかの失敗で連鎖反応がうまく起きなかったようです。

<北核実験>2回目準備の可能性 複数米メディア報じる

場所は一度目と同じ豊渓里(プンゲリ)だそうです。

コードギアス 反逆のルルーシュ

2006/10/16
コードギアス 反逆のルルーシュ

サンライズによる今放映中のロボットアニメです。
まだ2話が終わったところですが、これがなかなか面白い!
舞台は超大国ブリタニアによって占領され、「エリア11」と名付けられた近未来の日本。
「イレブン」と呼称され、自治権と誇りを奪われたかつての日本人・・・とまぁこんなノーフューチャーな 世界において、ルルーシュとスザクという二人のメインキャラがそれぞれ異なったやり方で体制を変えていこう というお話です。
この二人の性格が好対照を成していい感じです。
目的の為には手段を選ばない外道な性格のルルーシュと、真っ直ぐ真面目で正義感の強いスザク。
特にルルーシュの不敵な外道ッぷりが実に爽快です(笑)。
そうそうこれだ、これ!ガンダムシードに足りなかったものの一つはこういう毒を持ったキャラクター なんですよ。
シードのアスランもこういうキャラ設定にすればキラと対照を成して面白かったのに・・・。
個人的にはCLAMPのキャラデザイン(目、でかッ!頭身長ッ!)があまり好きではなかったのですが、 これはすぐに慣れました。
というわけで、今後の展開が楽しみなアニメです。

あべしがやって来た

2006/10/15
衆議院大阪9区補欠選挙に出馬した自民候補の応援に来た安倍総理を野次馬根性で見に行って来ました。

安倍総理

いや〜とにかくもう凄い人の量でした。
駅前のバスロータリーで演説していたのですが、安倍氏の顔が 見える位置はことごとく群集に占拠されていて、あちこちから「押さないでください!」「ちょっと、痛いです!」 「トイレに行かせて!」との怒号が飛び交う様は正に阿鼻叫喚の地獄絵図。
警備も厳重で、周囲のビルの屋上からも監視の目が光っていました。

聴衆の大半は私のような野次馬根性で集まった人たちだと思うのですが、そんな中日の丸を掲げて熱心に声援を送っている集団も 居ました。上からのお達しで動員されていたのでしょうけど、やはりこの政党とその支持母体の組織力は侮れないなと思った次第です。

ちなみに明日は小泉元総理が市民会館にやって来るらしいのですが、ちょうどバイトの時間と重なってました。 一世を風靡した人だけに一度見てみたかったのですが、残念。

自作曲、名前はまだない

2006/10/14
今日は京都のバーでライブだったたのですが、自分の書いた曲を 演奏することができました。
細部まで煮詰まってないところもあったのですが、概ね好評だったみたいで よかったです。
ジャズやっているとスタンダードばかりでオリジナルをやる機会は ほとんどないのですが、自作曲を演奏することはやっぱりなにか特別な気がします。
題名考えないと。。!

カラードピーポー

2006/10/13
アメリカに行った友達から久々に電話がかかってきた。
彼は日本食レストランで働きながら黒人ミュージシャン達にまじってギターを 演奏している。
そんな彼曰くやはり有色人種に対する差別は相当にあるとのことだった。その苦しみから 逃れる手段なのかドラッグも蔓延しており、多くの才能ある若者が薬に溺れて潰れていくという。
そんな苦しむ黒人が居る一方で、被差別階級という立場を逆に利用して利権を貪る黒人もまた居るとか。
この辺は日本の同和利権や在日利権とまったく同じだらしい。
苦労話が多い中、ヘビースモーカーだった彼が禁煙に成功したという話には少しうれしかった。まぁ元気そうで 何よりです。

2006/10/12
布団のひんやりした感触が心地よい季節だなぁ。

映像と音楽でつづる惑星の旅

2006/10/11
JSTバーチャル科学館|惑星の旅

↑は科学技術振興機構(JST)が提供するコンテンツですが、 惑星探査機が撮影した超美麗な映像で太陽系の世界を楽しめます。
2005年の制作なので冥王星が太陽系惑星の一部として紹介されていますが、美しい惑星の写真には感動できます。

北朝鮮核実験

2006/10/10
昨日に北朝鮮豊渓里で 実施されたらしい核実験ですが、放出された放射能の分析には数日かかるようで、現段階では 本当に核爆発だったかどうかも判明していません。
Global Securityによると、 今回の爆発規模はTNT火薬換算で550トンとのことなので、広島型(15キロトン/15,000トン)と比較してもかなり 低い威力だということがわかります。
あまりに爆発規模が小さいので、 実験に失敗したという見方も なされているようです。単に通常の火薬を大量に集めて爆破させ、核爆発を偽装したということもひょっとするとあるかもしれません。

核爆発にしろ通常火薬にしろ北朝鮮にとって重要なのは、核兵器を所持している(かも)という疑惑をネタにアメリカと交渉して、 核を放棄する代わりに金融制裁解除や経済援助等々の譲歩をアメリカから引き出すことなので、今回の実験結果はあまり 問題ではないと思います。

もっとも譲歩を引き出すより先に、これから実施が予想される制裁処置で金正日体制が崩壊してしまう可能性もあるかもしれませんが。

■追記: その後米軍の分析結果によって核爆発と認定されましたが、やはり爆発規模は1キロトン以下という小規模のもので、何らかの 失敗により連鎖反応が上手く生じなかったようです。

奈良公園

2006/10/09
今日は奈良公園に行って、鹿に餌あげたり若草山 に登ったり大仏見たり興福寺で国宝鑑賞したりしてました。いや〜、いい天気でよかったです。
大方の予想通り北朝鮮が核実験を遂行しましたが、こちらは平和な休日を 過すことができました。
歩き過ぎでちょっと筋肉痛です。。

トヨタ・ウォー

2006/10/08
鋼鉄の馬に跨り、砂漠の民は戦い続ける・・・

先日某掲示板で目にした「トヨタ・ウォー」なることば。
ははぁまた貿易摩擦からくる日本車バッシングのことかな、と 思いつつ検索してみると、出てきたことは正真正銘の"War"。
「トヨタ・ウォー」とはすなわち、 トヨタのピックアップトラックが活躍したチャド内戦のことでした。

The Great Toyota War

ここでのチャド内戦とは、リビアの支援を受けた反政府ゲリラと、チャド政府軍との間の 戦いですが、反政府ゲリラ、政府軍ともどもトヨタのピックアップに無反動砲やら機関銃やらを 搭載して戦い、いつしかその様は"The Great Toyota War"と形容されるに至ったそうです。
上のリンク先の記事は、TIME誌の記者がチャド政府軍に密着取材した際のレポートですが、 過酷な砂漠の環境で戦う彼らを、馬の代わりにトヨタに乗る現代の騎兵と形容するなど、随所に カッチョイイ表現が使われていて面白かったです。

日本で見慣れたトヨタの自動車ですが、ところ変わればゲリラ・政府軍の貴重な戦力として使用されていた ようです。

Where am I??

2006/10/07
帰りの電車を乗り間違え、気がつくと見知らぬ風景が延々と続いているのが電車の窓から見えました。 ぬぅ、いつまで経っても自分の駅名が呼ばれないはずだ。

中秋の名月

2006/10/06
天気予報では大雨とのことだったのですが、 運よく雨も上がり綺麗な満月を拝めることができました。
月見だんごウマー!!

史上最悪の毒キノコ

2006/10/05

マツタケが美味しい季節になりました。あー、土瓶蒸し食べたいです。
マツタケと柚子の香りが織り成す奇跡のハーモニーはもはや無形文化財の域。

とまぁそんな美味しいキノコならよいのですが、上の図はあまり美味しくないキノコ、 核兵器の破壊力を比較するキノコ雲です(クリックで拡大表示されます)。
右端のデタラメな規模のは、旧ソ連が行った史上最大の水爆実験のもの。 1961年10月30日に北極海ノヴァヤゼムリャ上空で行われたこの実験には、 RDS-220、通称「ツァーリ・ボンバ(爆弾の皇帝)」という50メガトン級水爆が 使用され、その衝撃波は地球を3周したという。
Tsar Bomba - The King of Bombs←これがそのときの模様。

図からわかるように、ツァーリ・ボンバは広島型原爆(上図左端拡大部)の約3,300倍の威力が あるそうです。あなおそろしや。
なんでまたこんなムチャクチャな威力のシロモノを作ったかというと、当時は今ほど兵器の誘導装置が発達 していなかったからです。つまり爆弾なりミサイルなりを正確に目標に到達させることができないため、 その分威力で補おうという考えに至ったわけです。

「Уикипедия, свободната енциклопедия!!
(訳:多少目標から外れても威力がでかいからイーンダヨ!)」

さすがに核兵器で土木工事をやろうとする国は豪快さがちがいます。


北朝鮮が核実験を行うと明言してますが、北朝鮮はマツタケの産地でもあります。 頼むからマツタケ汚染しないでくれ!

Sing a Song of Song with Pat Metheny

2006/10/04
Sing a Song of Song(YouTube)

なんとも珍しいケニー・ギャレットとパット・メセニーが共演するライブです。
ちょうどアルバム PURSUANCEが リリースされた頃ですね。
バッキングやソロにメセニー色が出まくっているのがおもしろいです。
途中カットされている 部分があるようですが、恐らくケニーが観客にメロディーを歌わせるというこの曲定番の パフォーマンスが あったのでしょう(笑)。

ここでのケニーのフレーズは基本ペンタトニックスケールなので別段 難しい音使いではないのですが、ニュアンスやアクセントの付け方、リズムの とり方が絶妙過ぎて非常にカッコよいものになってます(*´Д`*)

仮面ライダー、拘束される

2006/10/02
日本のアクション・ヒーローのコスプレ俳優4人、拘束
[バンコク 28日 ロイター] 
タイでクーデターを成功させた国軍は戦車の前で商業目的の宣伝を行なってはならないとの布告を出したが、 警察は日本のスーパーヒーローのコスプレをしていた俳優4人をこの布告に違反したとして逮捕した。
4人は来月、タイにやってくる日本のアクション・ヒーロー・ショーの宣伝を行っていた。
兵士に薔薇の花を贈り、一緒にポーズを取ったところで逮捕され、警察トラックに荷台に乗せられ連行されていった。


これはまたシュールな。

ディープインパクト3着 フランス凱旋門賞

2006/10/01

馬並みなのね〜あなたとっても〜♪

普段競馬などまったく観ないのですが、世界規模のレースということでディープを応援してました。
いや〜こんなに固唾を呑んで見入ってしまうとは!あー、肩凝った!!
馬券も何も購入してない私でさえこうだから、きっと馬券を買った人の興奮具合はこんなもんじゃないんだろうな、 と競馬にハマる人の気持ちが少しわかったような気がしました。

3着という結果ですが、大健闘なのか惨敗なのか、なにせ競馬知識が みどりのマキバオーくらいしかない素人なもんでまったくわかりません。 ディープインパクト最後あまり伸びなかったのは本調子じゃなかったんですかね?それとも他の馬も速かっただけなのかな。

なかなかカスケードのように二ノ足、三ノ足で抜き返すというわけにはいかないもんですね(;^ω^) とりあえずディープ、武さん、お疲れさまでした!



HOME